歩数が足りないときの最終手段

2017-12-01から、毎日10,000歩以上歩くことに決めていますが、クルマ通勤の私は平日の夜に不足の1,500〜3,000歩をどうやって歩くかいつも考えます。

東京都いなか市近郊は、少し前まで連日夜は0度またはそれ以下という気温が続いていた上に、残り続ける雪で凍結していたりしました。そんな夜は、イオンモールなどの大型ショッピングモールでウィンドウショッピングしながら歩くと、時間はかかりますが、3,000歩くらい歩けます。

でも、残業で疲れた。食事の準備や後片付けをしてくれる妻のために、なるべく早く帰りたい。そんな夜の対応方法を最近発見しました。

自宅の部屋の中で、イヤホンで音楽聴きながら、8の字に歩くのです。

案外、2,000歩くらいは歩けるものです。誰も見ていないから、リズムに合わせてヘンテコな歩き方をしたり、キックやパンチも繰り出せます。

2018-02-20 追記

やっぱり家の中をどしどし歩くのは、階下の家族にうるさがれました。

また、Fitbit ユーザーは自宅に秘密兵器を持っている人達がいるようでした。

例えば、以下です。

また、ウォーキングにこだわらなければ、エアロバイクという選択肢もあります。

でも、正直しばらくしたら飽きるのではないかという不安があります。

そこで発見したのですが、こういうのなら、楽しそうではあります。

もうちょっと研究してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です