気温が高いと脈拍が高くなる?

連日のように猛暑が続いています。

今日の朝、エアコンの効いたクルマで通勤し、その後職場まで一部凄まじく暑いところを通り、いつもの階段を4階分、汗をかかないよう、そろりと登り、うちわと扇風機で汗が出るのを抑えました。

着席してしばらく後に Fitbit Ionic を何気なくみたら、今まで見た覚えがない160超えの数値を目の当たりにし、ビックリしました。

腕立て伏せなどして、はあはあしている状態でせいぜい150台ですから。

普段、この階段を登っても100は越えません。

今日の昼食後に同じ階段をいつもの調子で登ったら79までしか上がりませんでした。

Webで検索してみたら、こんな情報がありましたので、紹介します。

職場の熱中症対策徒然考(その2) | 労働安全衛生総合研究所

暑さによって生ずるさまざまな生理的・心理的負担を暑熱負担あるいは暑熱ストレインと呼ぶそうです。

また、国際規格のISO 9886(生理学的計測による暑熱ストレインの評価の規格)では、作業中の1分間の最高心拍数は185-0.65×(年齢)を、持続心拍数は180-(年齢)を超えてはならないとしているとのことです。

ということは、次ですね。

年齢 最高心拍数 持続心拍数
10 173.5 170
20 167 160
30 160.5 150
40 154 140
50 147.5 130
60 141 120
70 134.5 110

私は50代なので、160はやはり危険な暑さであったことが伺えます。

職場はエアコンが聴いていて、事務作業中は心拍数は50台まで下がっていました。

この酷暑の中でお仕事をされている方、またトレーニングしている方もいると思いますが、くれぐれも気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です