2018-03-31, 04-01 飛騨高山

飛騨高山の古い町並み

3月31日の夕方から4月1日のお昼まで高山市に滞在しました。

20代の頃に、友人と高山には来たことがありますが、こんなにゆっくり回ったのは初めてです。

驚いたのは外国人観光客が非常に多いことです。

もうかなり前から、地方都市の衰退を色々なところで見て、悲しく思っていましたが、高山の賑わいは素晴らしいと思いました。

アルプス展望公園「スカイパーク」から飛騨市中心街を望む
アルプス展望公園「スカイパーク」から飛騨市中心街を望む

宿泊するため夕方に高山市に到着。街に入る前に友人の紹介によりスカイパークを訪れました。賑やかな街とともに、雪をたたえた山並みも綺麗です。

【飛騨高山銘菓】 黒胡麻こくせん
【飛騨高山銘菓】 黒胡麻こくせん

こちらは友人から頂いた飛騨高山のとっても香ばしくて、大変美味しいお菓子の黒胡麻こくせんです。

子供の頃、親戚のある福井県のおかし「けんけら」が大好きだったのですが、それを思い出させる味でした。

宮川朝市
宮川朝市

20代の頃もここには来た記憶があります。覚えているのは飴細工や漬物といった素朴なものです。漬物のお店はありましたが、それに限らず魅力的な店舗が多数あり、外国人の姿も大変多かったです。

飛騨高山の古い町並み
飛騨高山の古い町並み

町並みは素晴らしいですし、そこに並ぶのは観光客を相手にする魅力的なお店の数々。人がかなり多くて一部の店舗はお昼時は行列ができてしまうということを除けば文句のつけようがない商店街ともいえます。

春秋や
春秋や

高山の二日目は、妻子の要望にできるだけ応えるため、お店を好きなだけ覗いたり、ちょっとした食べ歩きをしました。そんな要望にはばっちり応えてくれるのが飛騨高山ですね。

飛騨古川や飛騨高山は日本のほこるべき街と思います。

飛騨高山の散策
飛騨高山の散策

参考







2018-03-30 飛騨古川

飛騨古川駅

ちょっと前の話です。飛騨方面に旅行した二日目は飛騨古川をゆっくりと散策しました。

この街は映画「君の名は。」の聖地巡礼で訪れる人も少なくないようです。

私もその映画を旅行前に見ましたが、今回の旅の一番の目的はこの街出身の友人と再開することでした。

飛騨古川まつり会館
飛騨古川まつり会館

古川駅で友人に再開。さっそく、飛騨古川まつり会館に向かいました。ここでは、飛騨古川祭りの迫力ある4K映像や、自動化されたからくり人形、本物の豪華な屋台を見ることができました。

オネイ様の解説も楽しいです。

会館の外で、皆で代わる代わる太鼓を叩きました!

岐阜県 飛騨市 古川町壱之町
岐阜県 飛騨市 古川町壱之

古川の通りは静かで、古い町並みの家はよく整備され、雰囲気がとてもよいですね。

ただ、友人によると、ツバメの巣を作られるのを嫌がり、それを阻止するように細工している家が増えているとのことでした(参考記事)。

季節により鯉が泳ぐ瀬戸川
季節により鯉が泳ぐ瀬戸川

ちょっと知らなかったのですが、瀬戸川には、冬は鯉がいません。この時も残念ながらいませんでした。

円光寺のハートの石
円光寺のハートの石

娘が円光寺でハート型の石を発見し、喜んでいました。

“2018-03-30 飛騨古川” の続きを読む

2018-03-29: 下呂温泉

下呂温泉

下呂温泉(岐阜県)は子供の頃にその名前を一度聴いて、二度と忘れていません。

でも、下呂温泉が有馬温泉(兵庫)や 草津温泉(群馬)と共に、日本三名泉と呼ばれるのは今回の旅行の前に知りました。

15時に木曽屋にチェックインし、夕食の前に、温泉卓球、その前に温泉に入ることを考えると、あまり時間はなかったのですが、下呂温泉の街を少しだけ歩いてみました。

田の神の足湯
田の神の足湯

木曽屋の目の前に足湯がありました。後から気がついたのですが、下呂温泉には至るところに足湯があります。

でも、繁華街の足湯はそれなりに人が多いので、ここは狙い目の一つかもしれません。誰も利用していませんでしたから。

水無八幡神社
水無八幡神社

真っ直ぐ温泉街に向かわずに、神社を抜けていきました。静かでよい雰囲気です。

上の道路に出ると、外国人観光客が歩いていました。

その後、温泉街のほうへ。想像以上に賑やかで、感じの良い温泉街だったのでびっくりしました。

さるぼぼ七福神社
さるぼぼ七福神社

“2018-03-29: 下呂温泉” の続きを読む